構築記事

[s6]ドヒドヌオーと鉄棘玉サイクル

更新日:

こんにちは、kskです。

s6お疲れさまでした!


s1からずっと受け構築を

使ってきたのですが

シーズンを追うごとに

受けが難しくなってきたので

今シーズンは対面パは

無理にしろ、サイクルパぐらいに

改良しようと思っていたら

今までで一番受け気質の

パーティーが完成していました。


そんなことはさておき、

早速構築紹介に入りたいと思います。


このパーティーの勝ちパターンは

大きく分けて二通りです。


①受け3枚で受けきって勝ち!

②メタモンで相手エースをパクって勝ち!


では個別紹介していきます。


ドヒドイデ@黒いヘドロ

性格…生意気

特性…再生力

157(252)-83-173(4)-73-213(252+)-36

どくどく トーチカ 熱湯 自己再生


幅広い範囲を受ける枠。

一発無理やり耐えて

どくどくを入れる動きが

言わずもがな強力。


HPを削っても有利対面に

後投げするだけで

回復できる反則ムーブが可能。


s1からずっとどくどくの枠を

毒びしで採用していましたが、

崩し枠に浮いているポケモンが多い

対面ラプラスに毒を入れることができない

等々の理由からどくどくに変更。


ヌオー@オボンの実

性格…呑気

特性…てんねん

202(252)-x-150(252)-85-85-36

どくどく 熱湯 自己再生 守る


ミミッキュ カビゴン ヒトム等を

安定して受けれる可能性が高い枠。


特性てんねんにより

物理方向の積みアタッカーを

封殺できる。


割とかわいい耐久値をしている為

体力管理を怠ると

即落ちする。

ナットレイ@たべのこし

性格…呑気

特性…鉄の棘

181(252)-114-201(252+)-x-136-22

ジャイロ 宿り木 守る ステロ


幅広く物理を受ける枠。

ではあるが、耐性を利用して

ミトム、ラプラス等に

受けだすこともしばしば。


物理受けではあるが、

鉄壁を採用していない為

宿り木を駆使して受け流す

動きをする。


積み技から崩されるパターンにおいては

メタモンで切り返せる可能性が高いので

この技構成での採用となった


ステロを早めに撒けた時の

勝率が高いので出来れば

初手撒きしたい。


ドヒドイデとの

陰キャシナジーが最高である。


セキタンザン@突撃チョッキ

性格…いじっぱり

特性…もらいび

217(236)-145(252+)-140-x-142-53(20)

ヒートスタンプ ロクブラ ジャイロ フレドラ


トゲキッスを始めとした

特殊アタッカーに後投げし

相手パーティーに負荷をかける枠。

キョダイマックス個体。


物理耐久もそこそこあることから

ダイマックスを切った時の

対面性能が割と高い。


専用技キョダイフンセキ

受け構築とのシナジーがあり

めっちゃ強い。


しかしドリュウズにめっちゃ弱い。

クワガノン@カゴの実

性格…ずぶとい

特性…ふゆう

184(252)-81-156(252+)-165-95-63

ボルチェン エナボ ギロチン 眠る


受けミラーの際に選出。

優秀な電気草の範囲と

ギロチンの組み合わせで

負荷をかける。


いじドリュのじしんを

2耐えする程度の物理耐久がある。


眠るを読まれる可能性が0なので

微妙に相手のゲームプランを

崩せることがあった。

微妙に。

メタモン@こだわりスカーフ

育て方…Hぶっぱ

特性…かわりもの


エースであり、切り返し枠である。

受けきれないポケモンをパクって

相手に押し付け返す。

NNは、はんざわなおき

嘘です。


能力アップした

ギャラドス、トゲキッス等を

パクれれば高確率で勝利できる。


受けながらいい具合に倒される

という謎スキルが要求される。

終わりに

渦潮滅びの歌アシレーヌが

きつすぎました。

何かあれば気軽に連絡ください。

お読みいただきありがとうございました!

2020/05/31 @ksk___poke

最終順位 1080位

-構築記事
-

Copyright© kskの後出しじゃんけんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.