ピンポ対策ポケ

キョダイマックスラプラス対策型ドヒドイデ

更新日:

こんにちは、kskです。

今回はキョダイマックスラプラスに強い

ドヒドイデの型を

紹介したいと思います。

対策型ドヒドイデ

育て方…HD特化

持ち物…自由!

特性…再生力

どくどく 熱湯 光の壁 自己再生


ダイサンダー+ダイサンダー耐え

光の壁を採用していない

所謂テンプレドヒドイデは

ダイサンダー連打で落とされてしまいますが

*ラプラスは10万ボルトorかみなり

 の採用率が高いです

この型だと

光の壁→自己再生

の動きで受からせることができるので

どくどくでの処理が可能です。


キョダイラプラス

身代わりを搭載している可能性が低いこと

ダイマックス中は絶対零度を打てないこと

からvsキョダイラプラスには

この型のドヒドイデ

強くでることができます。


どくどく+光の壁で処理の利点

キョダイマックスラプラスの

キョダイセンリツによる壁展開を

間接的に阻害することができます。


どくどくでの処理は

ターン数がかかるため

壁展開をしたい相手にとって

嫌な動きになります。


弱点保険の発動をさせない

という利点もあります。

ラプラスや裏のポケモンを

不用意に殴って能力を上昇させる

という展開を防ぐことができます。


光の壁を展開するので

vs特殊アタッカーの対処を容易にする

こちらも壁展開を仕掛けられる

ことになります。

この性能を重視するなら

ひかりのねんどでの採用も

あり得るかと思います。


終わりに

キョダイマックスラプラスが

流行ると試合時間長くなりそうですね…

お読みいただきありがとうございました!

2020/02/21/ @ksk___poke

-ピンポ対策ポケ
-,

Copyright© kskの後出しじゃんけんブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.